段差解消機☆購入6サイト

用途に応じて製品が異なる段差解消機

段差解消機とは、車いす用昇降機とも呼ばれている階段などを車いすのまま上り下りするためのリフトのような機械です。家庭内の階段や外出先の公共の建物内や外の階段などに設置されます。この段差解消機には屋内用と屋外用があります。

基本的な構造は同じですが、それぞれの企業によって販売していす製品の用途が異なる場合もあります。公共の場所で使用するものに特化している企業もあれば、家庭内のバリアフリーの安全を基本に考えているところもあります。そのため、同じ機械でも用途ごとに得意とする種類が違っています。

段差解消機の使用目的やどこで使うかといった用途別など種類による区分や、企業ごとの事前の見積もりや購入後のメンテナンスなど、利用目的によって最適なところで購入、または可能であればレンタルなどを検討することの手助けとなるための、段差解消機購入のための比較サイトとなっています。

有限会社スマイルケア

有限会社スマイルケアは1990年11月に設立された会社です。本社は京都府の長岡京市の神足にあり、東京の板橋区の四葉というところに営業所があります。会社の受付時間は朝の9時から18時までで、土曜日も祝日も営業しています。休業日は毎週日曜日と年末年始と夏期休暇となります。

この会社の主な事業内容は福祉用具などの販売やレンタルです。それらの具体的な商品は階段昇降機や段差解消機、介護ベッドなどです。これらに対応するエリアは甲信越と北陸と東海から西の全域と群馬や栃木や離島を除くなどの一部の関東地域となります。

ちなみにこの会社では展示場が設置されています。展示場では様々な製品が展示されていて、実際に見て触って拝見することができるし、段差解消機などの試乗をすることもできます。

アビリティーズ・グループ

アビリティーズ・グループは福祉用具や在宅介護などのサービスの会社です。介護が必要な人やその家族、介護関係の施設やその事業者などに向けた福祉機器やリハビリ機器の提供を主に行っています。福祉用具はオンラインショップもあり、講演会などのイベントも開催しています。

現在公共の施設や介護の現場やではバリアフリーが大きな課題となっています。アビリティーズでも歩くことが困難になってきている高齢者などの自立した暮らしの支援や活動できる範囲の拡大なども事業のひとつと考えています。そのひとつとして段差解消機や階段昇降機などの利用による公共施設のバリアフリー化の推進も行っています。

階段を上ることができない車いすなどを運んだりする段差解消機は公共施設などの建物だけではなく個人の住宅でも必要となることもありますが、アビリティーズではその両方の製品を販売しています。また、車いすなど福祉用具の種類は豊富にあります。問い合わせは電話やメールでできますが、福祉用具や介護施設などそれぞれの項目別で電話番号が異なるので、サイト内の問い合わせのページからの確認が必要です。

北日本メディカル

札幌に本社を置く北日本メディカルでは、段差解消機の販売から施工、そしてメンテナンスまでトータルで取り扱われています。ノーマライゼーションの理念を基軸としており、一般住宅をはじめ、福祉施設やその他公共施設などのバリアフリー化と、健康づくりに尽力している企業です。

豊富な種類の段差解消機が用意されているため、目的に合わせてピッタリな製品を探せます。移動式の段差解消機もラインナップされていますから、使わない時は片づけておき、必要な時だけ利用したいなど、常設以外の機種を探している時も、北日本メディカルが役に立ってくれます。

無料カタログの請求や問い合わせなどは、公式サイトの専用フォームから行えるので便利です。また、通話料無料の電話窓口も用意されているので、電話で詳しく相談することもできます。

株式会社マイクロエレベーター

株式会社マイクロエレベーターでは、車椅子に座ったままでも利用できる段差解消機が提供されています。屋内や屋外を問わず設置できるようになっており、一般家庭向けから施設向けまで、段差の高低差に応じて最適な機種が選べます。

品質に優れることから公共施設での設置実績も多く、取り付け工事に関しても安心して任せられます。知識と技術力が豊かな昇降機検査資格者が在籍しているほか、万一の故障やトラブルに対し、24時間365日のサポートが用意されているのも強みです。

フリーダイヤルによる問い合わせも可能となっており、受付時間は平日の9:00から17:45です。また、資料請求をはじめ、製品やサービスに関する問い合わせはホームページからも行えます。

中央エレベーター工業

中央エレベーター工業株式会社は1961年6月15日に設立されました。本社は東京都の台東区の上野にあります。本社以外では工場と配送センターが埼玉県にあり、札幌と福岡に支店が、名古屋と大阪に営業所があります。

この会社の主な事業内容は段差解消機や階段昇降機の製造販売で、ステップリフトという名前で商標登録しています。製造販売を可能にするために様々な許認可を取得済みです。完成した製品はショールームなどで展示されていて、そこで試乗などをすることができます。

製品は基本的に購入ですが、東京エリアだけはレンタルも可能になっています。購入後の無償保証は1年間ですが、製造終了後から部品の最低保有期間は14年間となっていますので修理対応可能です。

新光産業

高齢者が寝たきりになる事故は、主に自宅での事故が多くなっています。高齢者のケガが原因で寝たきりになる可能性がでてきます。自宅で事故になる原因もほとんどが階段や段差で転ぶ事故が一番多くなります。新光産業は、在宅介護で高齢者の住みやすい在宅生活を実現のために、階段昇降機、段差解消機などをそろえています。

段差解消機も、数日間かかりますが、標準的な取り付け工事は半日でできます。どの段差解消機も、安心で安全な機能が充実しています。しかも乗り降りも簡単です。据え置き型もあるので移動と撤去が簡単にできます。いつも使うものだから、操作も簡単でワンタッチでできるなんて外出が楽しくなりますね。それに介護保険レンタル対応しています。

新光産業の段差解消機は、介護保険提要しています。だからプランニングから施工とメンテナンスも安心できます。在宅介護している人には安心してレンタルできます。レンタルするときも設置する前に事前に調査して、搬入設置までする上に、利用している間は、メンテナンスもしてくれます。

スロープ工事と違ってすぐ利用できる段差解消機

車椅子で移動できる状態にする為には、やや時間がかかってしまう事があります。例えば車椅子でも問題なく移動できるようにする為に、スロープ工事が行われるケースは多いです。階段の状態ではなく、スロープの状態にしておけば車椅子でも移動できるようになるからです。ところがスロープ工事は、若干時間がかかります。工事に関する手続きも行う必要がありますし、工事業者による作業は数日ほどかかる事が多いです。場所によっては、それこそ1ヶ月以上かかってしまうケースがあります。車椅子で移動したい方々からすると、あまり時間がかかってしまうのも困ります。ところで車椅子でも移動できるようにしたいなら、段差解消機という方法もあります。段差解消機には、早さのメリットがあるからです。レンタル品などは、前向きに検討してみる価値があります。

段差解消機は、そこまで大掛かりな工事は必要ありません。簡単な作業で、その機械を取り付ける事は可能です。その具体的な方法ですが、まずは機械を設置するためのレールを取り付けます。更に専用の道具を使用して、複数のレールを接続します。その際に、衝突のリスクも確認するのが一般的です。設置する解消機が壁などに衝突するのは困るからです。一通りレールが設置できたら、今度は配電設備も設置します。段差解消機は電気で動かしますから、電源設備もレール周辺に設置していく訳です。そして最終確認が完了すれば、工事は終了です。この一連の作業は、せいぜい1日程度で完了してしまいます。スロープ工事のように、数日や数週間もかかってしまう事はありません。すぐに車椅子で移動できるようになります。

なお上述の段差解消機の工事は、その機械を買う時に行われます。レンタル品を使用する場合は、そもそも工事は不要です。レンタル品の場合は、可動式になっています。キャスター付きのエレベーターを設置するようなイメージになります。キャスター付きですから、どこにでも移動できますし、わざわざ一連の工事作業を行う必要はありません。車椅子で移動したい場所にレンタル品を設置すれば、即座に移動できるようになります。スロープ工事よりも、明らかに早いです。ただしレンタル品の場合は、短期利用が前提になります。長期的に段差解消機を使用し続けたいなら、かえって1日ほどかけて工事を行う方が、費用を安く抑えられる事もあります。いずれにせよ1日でも早く車椅子で移動できる状態にしたいなら、スロープ工事よりは段差解消機がおすすめです。

カテゴリー

ページトップへ